Menu

ロレックスとは

時計と言えばロレックスだと拘りを持っている人たちも、かなり多くいるのではないでしょうか。ロレックスという時計には一体どのような魅力が備わっているのでしょうか。ロレックスは高いというイメージもあります。確かに安い時計ということではありませんが、大人が大人らしくふるまうために、このような時計も、見事に大人らしさをプラスα演出してくれます。そろそろ仕事にあぶらがのった頃、このような時計を一個購入の検討をしてみてはいかがでしょうか。

ロレックスの魅力は、ブランド名、デザインということだけではありません。まさに、魅力は機能に備わっているとも考えていいでしょう。ロレックスの時計が登場したキッカケは、埃や湿気に弱く、落とすと壊れてしまう時計がほとんどだった時代、オイスターケースの開発からスタートしたとも言われています。

ロレックスの時計は、まさに時計としての常識を覆したということができます。進化の集約としてサブマリーナなどのモデルが登場することになります。

腕時計はTPOに合わせて選びたいと思っている人たちが多くいます。いろいろ時計を持つというのも方法ですが、ロレックスひとつあれば、ビジネスからプライベートまで使い回しが出来ます。そのような意味では、予算面を考えても、ロレックスの時計はそれほどお値段が高い訳ではありません。 人間は時間とともに生きているのです。いい時計を持つということは、いい時間を生きることです。

ロレックスには、100年も歴史があります。それは、腕時計の歴史と同じと考えていいでしょう。まさに、ロレックスというブランドが、腕時計の信頼性を高めてくれたということができます。 ロレックスは、1905年、大いなる野望を抱いたハンス・ウィルスドルフが、ロンドンに時計会社ウィルスドルフ&デイビス社を設立したことからスタートします。

1910年には腕時計としては初のクロノメーターの認定を受けることになります。まさに、ロレックスの時計が、実力のある時計として世界に知られたのは、オイスターケースの発明であり、1931年に発表したローターの自動巻きを実現したパーペチュアルよってです。そして「オイスターパーペチュアル」が誕生することになります。

更に世界初の小窓に日付が自動的に現れる腕時計、「デイトジャスト」は1945年に登場します。 ロレックスは、現在の知名度に依存せず、様々な挑戦をして来ました。それが、ロレックスの時計を更に不動の地位にさせた要因でしょう。

ロレックスを高価買取いたします

1927年10月7日には、ロンドンの記者のメルセデスグライツという人物が腕時計をしたままドーバー海峡を泳ぎ切ったというドラマチック出来事がありました。時間にして、15時間15分です。まさにこのドラマチックな舞台の主人公は世界初の防水腕時計ロレックス・オイスターだったのです。 そこにあったのは、彼女が泳ぎきった歴史的瞬間の感激とともに、まさに、ロレックスの時計が動き続けていたことへの驚きです。

メルセデスグレイツの事件からのロレックスの広告

メルセデスグレイツの事件からのロレックスの広告



高級ブランド時計の総合買取店「Rasin」⇒Rolexを高く買取ます!